役にも立っている

バイオテクノロジーは、遺伝子組み換えなど危険な利用方法も行われているのですが、有効的な用い方もされています。農業で言えば品種改良をして、病気に強い作物や品種を生み出すことが行われてきました。このような用い方であれば安全ですし、災害に強い野菜を作ることで、台風や大雪、大雨などの災害が発生しても、ある程度収穫できるようになってきたと言えるでしょう。

農業に必要な物と言えば水ですが、昔は川に生活排水を直接流しており、環境汚染が深刻化していました。それもバイオテクノロジーによって、微生物分解を行ってから川に流すことで、汚染物質が除去されたきれいな水が流され、環境破壊に歯止めがかかったと言えるでしょう。医療の分野では抗生物質が作られましたが、これによって有害な細菌の除去が可能になり、医学の進歩に貢献したのです。

ただし、抗生物質は長い期間服用すると、よい細菌も死滅させてしまうので、合併症などにかかりやすくなるというリスクもあります。このようにバイオテクノロジーは、近代社会の発展に欠かせない技術なのですが、どのような物でも欠点は存在するので、危険な物に関しては見直しが必要になるでしょう。重要なのはどのように使用していくのかという点です。

流通している食品

現在日本で流通している遺伝子組み換え食品もたくさん存在しています。最も多く認識されている大豆は当然なのですが、大豆はいろいろな物に加工をして使用することが多い食品です。例えば豆腐や納豆、油揚げや厚揚げ、醤油や味噌などがあります。大豆以外にもトウモロコシが存在しているのですが、トウモロコシは家畜の餌としても重宝されているのです。

家畜の餌なら問題ないと考える人もいるでしょうが、遺伝子組み換えのトウモロコシを食べた家畜の肉は、われわれ日本人が食べます。これでは関節的に遺伝子組み換え食品を食べているのと同じになってしまうのです。他にもジャガイモや菜種、パパイヤやてん菜などが存在しています。綿実も遺伝子組み換えが多くなっていると言えるでしょう。

これらの食品が現在日本国内で流通しており、我々が知らないうちに口にしているのです。特に調味料やスナック菓子、カップ麺などには表示義務がないので、若い人を中心に食べている可能性が高いでしょう。調味料は日本人がかなりよく使用するので、安全な物をできる限り使用する努力をしないといけません。バイオテクノロジーというのは、便利で有効的な用い方もできるのですが、逆に危険な物でもあるのです。

日本人が多く食べる

遺伝子組み換えと聞いて真っ先に思い浮かぶのは食品でしょう。しかし、遺伝子組み換え食品は危険だと言われています。特に大豆を使用している食品に関しては、現在遺伝子組み換えではないと明記されていることも多いでしょう。その反面、調味料などに関しては、表示する義務がありません。また、遺伝子組み換えの餌を与えられて育てられた牛などの肉を売る場合にも表示されていないのです。

そのため、現在遺伝子組み換え食品を最も多く食べているのが日本人だと言えるでしょう。昔の日本は農業大国であり、輸入などしなくても十分食糧自給が可能な国だったのですが、幕末に開国をしてからは、どんどん日本の農業が廃れていき、外国からの輸入品が大量に輸入されるようになったのです。この頃はまだ遺伝子組み換えの技術はありませんでした。

しかし、戦後高度成長期やバブル期の発展により、さらに農業はどんどん失われていき、ますます輸入に頼るようになってきたのです。しかも日本の政治家は外国やグローバル企業の言いなりなので、危険だと思われる食品であっても大量に輸入した結果、知らないうちに遺伝子組み換えの食品をたくさん食べていたというわけです。今後は遺伝子組み換えではなく、国内で生産された安全な食品をできる限り食べるようにしましょう。

トラクターの買取

トラクターについては、農業に関する機械はメジャーでありながらも買取市場については認知度が決して高くはなく、高い費用を払って処分している人も少なくありません。ですが、日本製のトラクターはかなり性能も良いことから、新規就農者や発展途上国を中心とした海外にも売られることがあります。そのため、高い買取額を期待できます。

PICK UP>>>農機具買取 / 農機具高く売れるドットコム

他の農機具と違ってもともとトラクターは車両ですから、軽自動車などと同じように新品はもちろんのこと、中古品でもかなりの値段が付くことが予想されます。正常に動作するトラクターであれば、ニーズも高いですし高額買取も可能です。

トラクターは、馬力によってその耐用時間が決まっています。馬力が大きければ大きいほど、長い期間使うことができます。そのため、年式の新しいものでしたら、大いにニーズがありますし、ある程度年式の経ったものでもほとんど圃場から圃場への移動に使用している、といった場合も評価が高くつきます。

一方で、古くなったトラクターや故障のあるトラクターがすべて廃棄されるというわけではありません。買取金額が多少低くなってはしまうものの、古かったり故障したりしたトラクターを買い取ってくれる買取業者はあります。故障を直して市場に出すこともできますし、たとえエンジンが故障して動かなくても、解体して部品だけを売るといったこともできるからです。使っていないトラクターはそれだけで維持費も発生しますので買取を考えたほうが良いです。当サイトでは、トラクターの買取について紹介します。